インベスター・ネットワークスの解説①

インベスター・ネットワークスのコミュニケーションツールとは

株の投資を行う人のことを投資家と呼びますが、投資家と言っても投資をメインの仕事として行っている人だけでなく、仕事が始まる前や終わった後に株の売買を行ったり、主婦業の合間に株の売買を行ったり、株の投資以外に他のメインの仕事や行うことがある人など株を行っている人のスタイルは様々です。

そんな投資家の方達は、株の売買を行う際に企業の情報を新聞やネット上の株情報サイトで調べたり、集めたりします。しかし、この方法以外にも企業のホームページなどを見る方法があります。企業のホームページに記載されているIR情報は、その企業のIR担当者が作成を行っていることもありますが、そのようなIR情報をより分かりやすく、企業と投資家を繋ぐコミュニケーションツールとして変えてくれるのが、インベスター・ネットワークスの「IR-navi」です。

インベスター・ネットワークスでは、投資家の方に直接利用していただける、株に関わるコミュニケーションツールのご提供ではなく、「IR-navi」をはじめとした企業のIR担当者の方に向けたコミュニケーションツールの提供を行っております。

しかし、企業のIR活動のありかたについては、投資を行われる投資家の方にも株を購入する時の判断材料として大きな意味を持つと考えられるかと思います。インベスター・ネットワークスでは、企業のIR担当者の方はもちろん、弊社の「IR-navi」を使用することによって企業のIR活動が投資家の方に見やすく分かりやすくご提供していただけるようなIR環境を整えていきます。

IR投資家

IRについて

IR活動とは主に投資家機関や個人投資家の方に向けて会社の情報を発信することです。

企業の情報と言っても国内の機関投資家やアナリストに向けたものから、海外の個人投資家に向けたものまで様々な情報があるかと思います。

現在IR活動はほとんどの企業がインターネットを通じて行われており、インベスター・ネットワークスでのサービス内容もインターネットを利用したサービス内容がメインとなっております。国内機関投資家をはじめに海外機関投資家個人の投資家の方達、それぞれの投資家に向けて分かりやすいような情報提供をインターネットのホームページで情報公開していくことは投資家の方でも分かりやすい情報提供を「IR-navi」はおこなっており、もちろん企業のIR担当者にも操作しやすいシステム内容となっております。

「そもそもIR活動で企業が提示してくるものはどのような資料があるのだろう?」とIR活動についてよくご存じでない方の中にはこのような疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。一般的にIR活動で提示する内容についてご紹介して行きたいと思います。

情報発信

情報提示について

現在、株公開を行っている企業ではほとんどの企業が自社のホームページを持っているかと思います。また、ホームページ上でほとんどの企業がIR情報を提示していることが多く見られます。

IRの情報は企業の情報でもあるため、非常に膨大な情報になりますので、下記の様にいくつかのカテゴリーに分かれて提示されている場合があります。

  • 経営方針(ビジョン)・経営戦略
  • 決算報告
  • 財務・業務関連情報
  • IRライブラリー(資料室)
  • 個人投資家の方へのメッセージ
  • セグメント概要
  • 株式・債券情報
  • 取引所公開リリース

情報提示は、ステークホルダーとのコミュニケーションを深める意味も兼ねて企業側が一方的な情報提示にならないように情報提示されていることが多いようです。
企業のIR活動における情報提示の項目は、金融取引法や証券取引などのさまざまな場が絡んでおり、情報を発表する時期などによっては企業の株価に非常に大きな影響を与えるとも言われています。そのため情報提示はIR活動における要とも言われているようです。

 

情報提示

コーポレートストーリー

コーポレートストーリーは、企業が提唱する、「投資価値のある企業であることを示すための将来的な成長戦略ストーリー」のことを一般的には、指すようです。

将来的な戦略ストーリーとされていますが、企業によっては未来の戦略だけでなく、企業の歴史を過去から遡り、過去・現在・未来といったような流れで企業の戦略ストーリーを記載してある企業もあるようです。
またこのコーポレートストーリーは、ただ企業の未来ビジョンを示したものでなく、多くの投資家に向けて自社に投資を行ってもらえるように理論的に展開する内容であるように記載されているのが一般的なようです。

 

ここでご紹介しているカテゴリーが必ずしも企業のホームページに記載されているものではありませんが、大枠はこのような形で企業がIR情報を提供している場合が多いです。

ご提供しているツールの中でも上記の内容を企業のIR活動担当者がスムーズに行えるようなサービスを行っております。